【Breeze(ブリーズ)】ニュージーランドのりんごシーズン到来をお知らせするりんご|りんごの品種を勉強する#25

ブリーズ



こんにちは。マコト(@makoto_ringo)です。

25回目のりんごの勉強です。

前回はこちら↓

ふじ 【ふじ】世界で一番生産されているりんご|りんごの品種を勉強する#24



今までに出会ったりんごたち>>>りんごの品種一覧


今回はニュージーランドでいちばん最初に収穫される『Breeze(ブリーズ)』というりんごの紹介です!

Breeze(ブリーズ)とは


あまさ
(2.5)
すっぱさ
(2.0)
硬さ
(2.5)
さわやかさ
(5.0)
レア度
(3.5)



親の掛け合わせ:不明

収穫時期:2月中旬

生まれたところ:ニュージーランド

おもな産地:ニュージーランドなど

大きさ(重さ):130g~150g程度

皮の色:赤色(全体的に赤いものや黄色と赤色のマーブル模様になっているものもある)

ふるさと納税 フルーツ特集

Breeze(ブリーズ)の特徴

ブリーズ断面図
ブリーズの断面図




Breeze(ブリーズ)』はパリッとした食感であまずっぱい味をしているりんごです。

りんごの香りはあまりしませんが、果汁は多めで、糖度が13度~14度にもなります。

片手ですっぽり収まるぐらいの小ぶりサイズで、イオンやディスカウントスーパーにて袋入りで売られていることが多いです。

ニュージーランドのりんごシーズンでいちばん初めに収穫されるりんごで、日本に入荷されるのは5月下旬~6月上旬で日本のりんごの旬が終わったころです。

ニュージーランド独自の品種です。

ブリーズちゃん

マコト

ニュージーランドのりんごが日本に来ることでりんごが1年中食べれるね!


Breeze(ブリーズ)の歴史


Breeze(ブリーズ)』はニュージーランドのFreshco社が開発したりんごと言われています。

マコト

Breeze(ブリーズ)』について調べましたが、詳しい文献が出てきませんでしたので、分かり次第更新させていただきます。


主な食べ方



Breeze(ブリーズ)』は生で食べるのがおすすめです。

小ぶりサイズなのでおやつの時間に食べたり、丸かじりで食べるのもおすすめです。

今日のりんご


アクティブインターナショナル株式会社


マコト

Breeze(ブリーズ)』などニュージーランドのりんごを輸入している日本の会社です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です