【グラニースミス】海外で人気のクッキングアップル|りんごの品種を勉強する#11

グラニースミス

 

 

こんにちは。マコト(@makoto_ringo)です。

11回目のりんごの勉強です。

 

前回はこちら↓

シナノスイート 【シナノスイート】りんご界のサラブレッド的存在なりんご|りんごの品種を勉強する#10

 

今までに出会ったりんごたち>>>りんごの品種一覧

 

今回は海外でアップルパイなどの調理用でよく使われている『グラニースミス』というりんごの紹介です!

 

グラニースミスとは

 

あまさ
(1.5)
すっぱさ
(4.0)
硬さ
(3.0)
調理向け
(5.0)
レア度
(3.0)

 

親の掛け合わせ:ヨーロッパ原産のクラブりんご × 不明(偶発実生)

収穫時期:11月中旬~下旬

生まれたところ:オーストラリア

おもな産地:長野県、おもに欧米

大きさ(重さ):300g程度

皮の色:黄緑色(少し赤みが付くものもある)

 

ふるさと納税 フルーツ特集

 

グラニースミスの特徴

 

形はやや縦長で、皮の色は黄緑色で、部分的に少し赤みがついています。

生のまま食べると強い酸味を感じます。

果肉は少しかためで加熱調理しても煮崩れしにくく、加熱することで甘みが増します。

 

グラニースミス断面図

グラニースミスの断面図

 

海外では調理用のりんごとして人気で、アップルパイによく使われています。

切ってもあまり茶色に変色しないため、スライスしてサラダに入れるのにも適しています。

 

マコト

最近は日本の洋菓子店のアップルパイでもグラニースミスを使っているところがあるよ。

 

グラニースミスの歴史

 

グラニースミス』は1868年(明治元年)にオーストラリアでマリア・アン・スミスさんにより、偶発実生で発見されたといわれています。

その後、ニュージーランドに導入され、1935年ごろにイギリス、1972年にアメリカ合衆国で栽培が始まりました。

 

スミスさんがシドニーの市場からジン酒の空き箱を数個もらってきたときに、その中にタスマニア産の『フレンチクラブ』というフランス品種のりんごが入っていました。

このりんごの種子からの実生が『グラニースミス』だといわれています。

 

マコト

「スミスおばあちゃん」が名前の由来みたいだよ。

 

日本には1934年(昭和9年)に導入されました。

青森県りんご試験場がアメリカ農務省から穂木で取り寄せました。

グラニースミス』は晩生種のりんごで青森県では完熟する前に冬が来てしまうことがあるようです。

 

グラニースミス』の栽培には少し温暖な気候のほうが良いとされています。

グラニースミスさん

 

主な食べ方

 

『グラニースミス』は調理用に向いているりんごなので、アップルパイやタルトタタンなどに使って食べるのがおすすめです。

 

今日のりんご

 

【食べチョク】グラニースミス

マコト

グラニースミス』は期間が限られていますが食べチョクで購入できます!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です