【シナノゴールド】甘酸っぱくてさわやかな味の黄色いりんご|りんごの品種を勉強する#14

シナノゴールド

 

 

こんにちは。マコト(@makoto_ringo)です。

14回目のりんごの勉強です。

 

前回はこちら↓

【サン金星】見た目はよくないけどとても甘いりんご|りんごの品種を勉強する#13

 

今までに出会ったりんごたち>>>りんごの品種一覧

 

今回は甘酸っぱくてさわやかな味が特徴の『シナノゴールド』というりんごの紹介です!

 

シナノゴールドとは

 

あまさ
(3.0)
すっぱさ
(3.5)
硬さ
(3.5)
さわやかさ
(5.0)
レア度
(1.0)

 

親の掛け合わせ:『ゴールデンデリシャス』×『千秋

収穫時期:10月下旬

生まれたところ:長野県

おもな産地:長野県、岩手県、青森県など

大きさ(重さ):350g程度

皮の色:黄色(日に当たった部分がわずかに赤くなることがある)

 

ふるさと納税 フルーツ特集

 

シナノゴールドの特徴

 

シナノゴールドの断面図

 

シナノゴールド』は円~長円形のきれいな黄色の皮のりんごです。

甘みが強くて、ほど良い酸味もあるジューシーでさわやかな味をしています。

サクサクと引き締まった歯ごたえをしています。

 

貯蔵性も優れていて、翌年の初夏頃まで店に並んでいることもあります。

 

マコト

夏でもお店でよく見かけるね!

 

寒冷地で育った『シナノゴールド』は酸味が強くなる傾向があるようです。

長野県のオリジナル品種「りんご三兄弟」のうちのひとつ、三男・三女にあたる品種です。

 

【食べチョク】シナノゴールドを探す

シナノゴールドの歴史

 

シナノゴールド』は1983年(昭和58年)に長野県果樹試験場で『ゴールデンデリシャス』に『千秋』を交配したものを、1990年(平成2年)に選抜し、1995年(平成7年)に育成を完了したりんごです。

その後、1999年(平成11年)に品種登録をしました。

 

2007年(平成19年)からは長野県とイタリア南チロルの生産者団体が「品種シナノゴールドに関する利用許諾契約」を締結し、現地での試験栽培がスタートしました。

2011年(平成23年)に試験栽培で採れた『シナノゴールド』が消費者から高評価を得たことから、2014年(平成26年)に商業栽培に移行されました。

 

2019年(平成31年)には、新たに契約を結びなおし、南アフリカ、ニュージーランド、オーストラリア、チリ、アメリカの広範囲で商業栽培が可能になりました。

南半球での栽培が開始されたことにより、年間を通じての『シナノゴールド』の流通が可能になり、販売地域も約90か国に増えています。

 

シナノゴールド』は海外では『YELLO』という名称で販売されているそうです。

シナノゴールドちゃん

マコト

海外産の『シナノゴールド』も食べてみたいね!

 

主な食べ方

 

シナノゴールド』は味か濃くてジューシーなので生で食べるのがおすすめです。

 

今日のりんご

 

 

マコト

旬のシナノゴールド、ぜひ食べてみてください!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です